外国人の就職・留学を強力にサポートする総合支援サイト

学生への就職指導

学生への就職指導

  • ホーム
  • 学校関係者の方
  • 学生への就職指導

留学生の専門学校卒業後の進路は、日本に残って進学・就労するケースと、母国に帰国するケースに大別されます。就職活動中や卒業を控えている留学生にとってはわからないことだらけです。より細やかな指導が必要とされます。 ここでは、留学生への就活指導や資格に関する内容をまとめています。

就活指導について

一般の日本人学生に対する就職指導と同様に、日本で就職を希望する留学生に対しては以下のような就職活動準備のための指導が必要です。企業における採用方法を理解させた上で就職活動の習慣を理解させ、身につけさせていく必要があります。

▶企業選択の方法(留学生を採用しているか)
▶履歴書・身上書・エントリーシート等の書き方指導
▶作文・小論文の書き方指導
▶面接試験対策指導
▶筆記試験・適性試験対策指導
▶就職試験時の敬語・マナー・服装等の指導

留学生のための就職ガイダンス

留学生にとっては、日本での就職活動をどのように行えばよいのかわからないという不安があります。それを解消し、きちんと準備をしていけば 日本での就職も決して不可能ではないことを説明し、早くから意識を高め準備に向かわせることが大切です。

また、どのように留学生を募集している企業を探したらよいか、どこに留学生の求人惰報があるのかといった、早めの留学生のための就職ガイダンスの実施も必要です。

就職ガイダンス時においては「就労の在留資格が得られる職種について」「内定までの流れ」「求人情報の収集方法」「在留資格の変更方法」について説明し、早めに不安を取り除いてあげるのと同時に就職活動へ向けての意識を高めることが大切です。

就職活動における日本語力について

留学生にとって、就職活動でもっとも大きなハードルとなるのは言葉の問題です。通常の専門学校での授業には問題なく、また先生や友達と会話を交わす程度では支障がないとしても、日本企業で働くために必要とされる日本語力のレベルに達している留学生は多くはありません。日本語能力試験N1を取得していても、日本企業での就職が保障されるとは限りません。職場での日本人とのミーティングや会議、職種によっては顧客との対応に耐えられるだけの日本語力が求められるのです。

入学時に日本での就職を希望している留学生には、入学後も就職に向けてさらに日本語力を向上させる努力が必要です。学校としても、出来るだけ就職に向けての日本語のスキルアップを図るためのプログラムを用意できれば、留学生の就職率向上につながります。

また、日本語力のスキルアップの一環として日本漢字能力検定協会が実施しているBJTビジネス日本語能力テストを積極的に取得させ、ビジネス場面における日本語の対応力を高めることも効果的です。

就職担当部署との連携の重要性

専門学校として留学生の就職活動をバックアップするためには、就職担当部署との緊密な連携が重要です。日本での就職を希望している留学生の情報を留学生担当部署と就職担当部署で共有し、留学生に対して求人情報を効果的に提供していく必要があります。就職担当部署においては、積極的に企業に対して留学生をアピールし、留学生を受け入れてもらえる企業の拡大も図る必要があります。優秀な留学生が日本での就職を切望していることを企業に説明することも大事なことです。

▲ページトップへ

卒業後の進路指導とフォロー

専門士の称号を有し、行おうとしている活動が「技術・人文知識・国際業務」等の就労可能な在留資格に該当し、就職先の職務内容と専門学校における修得内容に関連性があれば、留学から就労に係る在留資格への在留資格変更が可能になります。

*大学等への進学に関して:在留管理上問題がない者については、専門学校での履修内容と大学等での専攻内容との関連性を問うことなく、認められます。

専門士の称号を付与された専門学校卒業生が帰国してしまった場合であっても「技術・人文知識・国際業務」等の在留資格により入国が可能となりましたが、なるべく日本滞在中に就職先を決めるようしましょう。

▲ページトップへ

継続就職活動のための在留資格について

「専門士」の称号を取得した留学生が、卒業後も日本での就職活動を希望する場合、最長一年間の滞在が認められています。在留資格は「特定活動」、在留期間は「6月」になり、一回の在留期間の更新が認められます。
申請手続きに必要な書類

▲ページトップへ

卒業後のフォローアップ

卒業生の同窓の意識を高め。留学生同士が助け合って精神的な支えとなるためにも、また、具体的な情報の交換などのためにも、卒業後のフォローは大変重要です。そのため同窓会などを組織して、日本人卒業生同様に交流と情報の提供を心がけたいものです。また、各種の出版物などで学校活動の動向や成果を知らせることも大切です。

フォローの具体例
▶同窓会活動
▶同窓会の海外支部の結成
▶学校広報誌などの送付
▶メルマガ配信
▶卒業生対象の講演会・講習会の開催

▲ページトップへ